最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

なぜ「よそ者」とつながることが最強なのか――生存戦略としてのネットワーク経済学入門

  • 5 読みたい
  • 51 現在読んでいるもの

発行元 冨山和彦 .

    Download なぜ「よそ者」とつながることが最強なのか――生存戦略としてのネットワーク経済学入門 本 Epub や Pdf 無料, なぜ「よそ者」とつながることが最強なのか――生存戦略としてのネットワーク経済学入門, オンラインで書籍をダウンロードする なぜ「よそ者」とつながることが最強なのか――生存戦略としてのネットワーク経済学入門 無料で, 本の無料読書 なぜ「よそ者」とつながることが最強なのか――生存戦略としてのネットワーク経済学入門オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 なぜ「よそ者」とつながることが最強なのか――生存戦略としてのネットワーク経済学入門 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  戸堂康之
    • 発売日:  2020年11月30日
    • 出版社:  プレジデント社
    • 商品番号:  4770023920000
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    【内容紹介】

    新型コロナウイルスの脅威によって、世界中で吹き荒れつつあった反グローバル主義の嵐が勢いを増している。

    グローバル化は雇用破壊、格差拡大、テロやスパイの脅威をもたらし、金融危機やパンデミックの影響を増幅するとも指摘されている。

    しかし人間は古来、「よそ者」とつながることで新しい知識や情報を得て、イノベーションを起こし、発展してきた。

    世界の分断によってこの流れを止めることは、日本そして世界に破壊的な経済的損失を与えるだろう。

    本書ではネットワーク経済学の理論とデータを基に、反グローバル主義への徹底的な反論を試みる。


    【目次抜粋】

    第1章 世界経済の分断がはじまっている

    第2章 グローバル化で経済は成長するのか?

    第3章 反グローバル化は人間の本能か?

    第4章 グローバル化によって所得格差は拡大するか?

    第5章 グローバル化で「対岸の火事」が飛び火するか?

    第6章 グローバル化は国家安全保障の脅威となるか?

    第7章 ポストコロナ時代のグローバル戦略

    第8章 冒険心で日本経済を再生する

あなたも好きかもしれません

なぜ「よそ者」とつながることが最強なのか 生存戦略としてのネットワーク経済学入門 by 冨山和彦 ダウンロード PDF EPUB F2