最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

生命科学クライシス

  • 1 読みたい
  • 36 現在読んでいるもの

発行元 青野由利 .

    Download 生命科学クライシス 本 Epub や Pdf 無料, 生命科学クライシス, オンラインで書籍をダウンロードする 生命科学クライシス 無料で, 本の無料読書 生命科学クライシスオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 生命科学クライシス 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  リチャード・ハリス, 寺町朋子
    • 発売日:  2019年07月11日
    • 出版社:  白揚社
    • 商品番号:  6671223962050
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    製薬企業が53件の研究を追試したところ、結果を再現できたのはそのうちわずか6件。

    再現失敗率、約90%ーー


    命を救うはずの研究が、低すぎる再現性のために、無用な臨床試験、誤った情報、虚しい希望を生みだし続ける。ずさんな研究はなぜ横行するのか? その影響はどこまで及ぶのか? 改革は可能か?


    トップ研究者から、政府組織の要人、業界の権威や慣習に立ちむかう「反逆児」、臨床試験に望みを託す患者まで、 広範な調査・取材を基に、ひそかに生命科学をむしばんできた「再現性問題」の全貌をあぶりだす。


    【次々と明らかになる、ずさんな研究の実態】

    ・乳がん細胞と黒色腫細胞を間違えて、1000件以上の乳がん研究がおこなわれた

    ・糖尿病や心臓病などの疾患との関連が報告された遺伝子の98.8%が、のちに関連が否定された

    ・実験の結果が出た後に、それをうまく説明できるように仮説を立てなおすことが横行している

    ・わずか数匹のマウスの実験結果をもとに、人での臨床試験がおこなわれた

    ・マウスで開発された敗血症治療薬150種類すべてが人では効果がなかった


    ……生命科学では、いったい何が起きているのか?

あなたも好きかもしれません

生命科学クライシス 新薬開発の危ない現場 by 青野由利 ダウンロード PDF EPUB F2