最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

おいらん若君 徳川竜之進 : 4 凶嵐 (双葉文庫)

  • 43 読みたい
  • 65 現在読んでいるもの

発行元 鳴神響一 .

    Download おいらん若君 徳川竜之進 : 4 凶嵐 (双葉文庫) 本 Epub や Pdf 無料, おいらん若君 徳川竜之進 : 4 凶嵐 (双葉文庫), オンラインで書籍をダウンロードする おいらん若君 徳川竜之進 : 4 凶嵐 (双葉文庫) 無料で, 本の無料読書 おいらん若君 徳川竜之進 : 4 凶嵐 (双葉文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 おいらん若君 徳川竜之進 : 4 凶嵐 (双葉文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  鳴神響一
    • レーベル:  双葉文庫
    • シリーズ名:  おいらん若君 徳川竜之進
    • 発売日:  2019年07月30日
    • 出版社:  双葉社
    • 商品番号:  5591224560080
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    絶世の花魁、篝火が吉原に君臨するようになって早や1年余。今宵も引手茶屋に呼び出された篝火は、相手が坊ちゃん医者と見るや、無残に振ってみせる。それもそのはず、この美しき傾城の正体は、幼少より廓に匿われし尾張家の御落胤、徳川竜之進! 日頃の憂さを晴らすべく極秘の隧道から町に繰り出した竜之進は、瓦版屋の楓が書いた”美女の生き肝を食らう鬼女”の記事を見せられるも一笑に付す。だが、裏には巨悪に繋がる恐ろしい陰謀が隠されていた!

あなたも好きかもしれません

おいらん若君 徳川竜之進 : 4 凶嵐 (双葉文庫) by 鳴神響一 ダウンロード PDF EPUB F2