最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

なぜヒトは学ぶのか 教育を生物学的に考える (講談社現代新書)

  • 15 読みたい
  • 83 現在読んでいるもの

発行元 安藤 寿康 .

    Download なぜヒトは学ぶのか 教育を生物学的に考える (講談社現代新書) 本 Epub や Pdf 無料, なぜヒトは学ぶのか 教育を生物学的に考える (講談社現代新書), オンラインで書籍をダウンロードする なぜヒトは学ぶのか 教育を生物学的に考える (講談社現代新書) 無料で, 本の無料読書 なぜヒトは学ぶのか 教育を生物学的に考える (講談社現代新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 なぜヒトは学ぶのか 教育を生物学的に考える (講談社現代新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  安藤寿康
    • レーベル:  講談社現代新書
    • シリーズ名:  なぜヒトは学ぶのか 教育を生物学的に考える
    • 発売日:  2018年09月19日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000051040
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    私たちが学校や学校以外のさまざまな機会を通じて学習しなければならないのは、頭をよくするためでもなければ、成績を上げてよい学校に進学するためでもなければ、豊かな生活をするためでもありません。「教育」や「学習」には、進化学的で生物学的な理由があるんです。人間にとって「学ぶ」とはどういう意味があるのでしょうか?最新の進化学・遺伝学・脳科学の知見を参考にしながら、一緒に考えていきましょう。

あなたも好きかもしれません

なぜヒトは学ぶのか 教育を生物学的に考える (講談社現代新書) by 安藤 寿康 ダウンロード PDF EPUB F2

新鮮な視点から、教育について書かれている。
同時期に苫野一徳『教育の力』を読んでいて、豊かな思想的背景に支えられ、教育のあるべき姿を見いだす姿勢に感銘を受けていた。ひるがえって本書は、浅い。論が薄く、線が細い。
数字を出し、明らかになっていることだと書けば読者は納得すると考えて書かれているのかも知れないが、実験・調査時の状況が現在の状況とどの程度重なるのかが示されないと意味がない。また、知能などに遺伝的限界があるのは確かだろうが、遺伝的限界まで知能を発達させ、発揮している人はどれくらいいるのだろうか。またそれが必要とされる活動は何かあるのだろうか。
この社会を生きていく、次の社会を創っていくという視点が欠けているように思えたので、それを補いながら読むと、この本に書かれた情報を正しく受け取ることができると思う。