最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

少年皇族の見た戦争 宮家に生まれ一市民として生きた我が生涯

  • 54 読みたい
  • 95 現在読んでいるもの

発行元 涼風 .

    Download 少年皇族の見た戦争 宮家に生まれ一市民として生きた我が生涯 本 Epub や Pdf 無料, 少年皇族の見た戦争 宮家に生まれ一市民として生きた我が生涯, オンラインで書籍をダウンロードする 少年皇族の見た戦争 宮家に生まれ一市民として生きた我が生涯 無料で, 本の無料読書 少年皇族の見た戦争 宮家に生まれ一市民として生きた我が生涯オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 少年皇族の見た戦争 宮家に生まれ一市民として生きた我が生涯 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  久邇邦昭
    • 発売日:  2015年10月30日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000006143
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    昭和4年(1929)、旧皇族・久邇宮家に生まれ、皇族として海軍兵学校に学び、ビジネスマンとして戦後を生き、そして伊勢の神宮大宮司を務めた著者が、激動の日々、そして思いの丈を語り尽くした珠玉の書。曽祖父・久邇宮朝彦親王、祖父・久邇宮邦彦王、父・久邇宮朝融王と続く久邇宮に生まれ、昭和天皇・香淳皇后の甥にあたる著者が、戦前の皇族の暮らしぶりや、少年皇族として目の当たりにした戦前・戦中の日本、宮中某重大事件などの真相、軍の要職を務めながら日本の苦境に心を痛めていた皇族方の素顔、自らの海軍兵学校での思い出、さらに戦後の経験などを、余すところなく綴る。また、皇籍離脱について、靖国神社のこと、さらに伊勢神宮の大宮司も務めた経験から実感した「神道の心」まで、率直な意見を披瀝。戦前から戦後の日本の姿を知り、これからを考えるための貴重な証言である。 【PHP研究所】

あなたも好きかもしれません

少年皇族の見た戦争 宮家に生まれ一市民として生きた我が生涯 by 涼風 ダウンロード PDF EPUB F2