最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

近世日本国民史 徳川幕府鎖国篇 (講談社学術文庫)

  • 54 読みたい
  • 61 現在読んでいるもの

発行元 徳富蘇峰 .

    Download 近世日本国民史 徳川幕府鎖国篇 (講談社学術文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 近世日本国民史 徳川幕府鎖国篇 (講談社学術文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 近世日本国民史 徳川幕府鎖国篇 (講談社学術文庫) 無料で, 本の無料読書 近世日本国民史 徳川幕府鎖国篇 (講談社学術文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 近世日本国民史 徳川幕府鎖国篇 (講談社学術文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  徳富蘇峰, 平泉澄
    • レーベル:  講談社学術文庫
    • シリーズ名:  近世日本国民史
    • 発売日:  2013年08月02日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000031923
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


    島原の乱の原因はヤソ教徒の反乱か、苛斂誅求の結果かー。関ヶ原の役から三十年余の間に徳川幕府の一切の仕組は整頓せられ、爾来二百有余年の泰平は維持せられた。本篇はその間における歴史過程、特に、従来の歴史家に閑却せられてきた宗教的弾圧と鎖国政策との至緊至切の関係を説きつつ、何故に幕府当局者は鎖国令を徹底励行せしめるに至ったか、かかる形勢を馴致せしめたる徳川幕府の自存主義の是非を後世史家の問う雄篇である。(講談社学術文庫)

あなたも好きかもしれません

近世日本国民史 徳川幕府鎖国篇 (講談社学術文庫) by 徳富蘇峰 ダウンロード PDF EPUB F2